第三十四回 エホバの証人が20世紀半ばまで輸血していたこ

第三十四回 エホバの証人が20世紀半ばまで輸血していたこ。都合の悪いことは教わらないし、仮に知ったとしても「聖書は正しいから些細な間違いもあるはずがない。エホバの証人が20世紀半ばまで輸血していたことを、現代のエホバの証人はご存じないんですか エホバの証人と輸血。の活動における倫理業者側の対応信仰上の理由による輸血拒否は
。その代表的な宗教として挙げられる「エホバの証人」の信者が国内だけでも約
万人年いることからみても稀ではなく。実際に医療現場で問題と
なるのはいうまでもなく前者の場合である。しかし。医師が患者の意思に従い
無輸血下での手術をしなければならないとは命じていない。①輸血することを
明確に説明して患者に自己決定の機会を与え。患者が拒否した場合には治療を
断る。第三十四回。これまでガイドラインというものを作成してきておりましたが。一段落が
着きまして。さらにガイドラインの整備をまず。エホバの証人に関する基本的
知識として。極々簡単に作った資料ですけど。~に添付しました。聖書に
基づいた信仰をしていないと。ちょっと悲惨なことになるということを信じられ
ておられるということのようです。で。年代後半に。エホバの証人の信者
の小学校年の子供さんが交通事故で両足を骨折されて。両親が輸血拒否をされて

エホバの証人が20世紀半ばまで輸血していたことを現代のエホバの証人はご存じないんですかの画像をすべて見る。エホバの証人事件で息子の輸血を拒否した父親と。現代史とたけしの半生を重ね合わせながら。戦後の日本社会を考察する好評連載
第回。俳優?ビートたけしはこれまで多くの「昭和の大事件」の当事者を
演じてきた。さらには。億円強奪事件の犯人。豊田商事会長刺殺事件の犯人
。エホバの証人輸血拒否事件で死亡した男児の父親…教祖になってしまうの
ではないか」医師の指示で手術を受けることになったが。駆けつけた両親が。
自分たち家族の信仰するキリスト教の一宗派「エホバの証人」の教義を理由に
輸血を拒否

都合の悪いことは教わらないし、仮に知ったとしても「聖書は正しいから些細な間違いもあるはずがない。」と現実を受け止められないのです。怖いですね、洗脳って。