第159回国会 ではその人たちは国会議員の年収をどのぐら

第159回国会 ではその人たちは国会議員の年収をどのぐら。諸々考慮した上で年収1400万。「国会議員の給料を下げろ」という人はたくさんいます では、その人たちは国会議員の年収をどのぐらいにすべきだと考えているのですか 第159回国会。その中の一つに。やはり特許というもの。つまり知的財産というものは。勝手に
人のものを使ったらばこれは訴訟をですから。私たちは。本当に。戦略を持っ
て特許というものをどう考えているのか。これをしっかり示していただきたいと
思う。に大いにこの法律の改正が役立っていくべきであるというふうに考えて
。御審議をいただいているところでございます。今回も新しい形で。委任審査
官ですか。審査をする人に何か十年ぐらい委任してやっていくとかという
いろいろな

諸々考慮した上で年収1400万-1500万が妥当と考えています。米国の上?下院で1500万円/年。日本は衆?参議院2400万円/年。米国程度でよかろう。経費は確かに米国のほうが多く認められている。日本は三人の秘書を公費で雇えるが、米国は10数人のスタッフを公費で雇う事ができる。これを論拠に議員報酬が日本は少ないというが、米国は議員立法が多いのに日本の国会議員による議員立法は極めて少なく、また成立する確率も2割以下と少ない。官僚が立案?作成した法律を通すだけの国会議員でしかないので、秘書3人も不要。給料も米国並みにすべき。そもそも数も多すぎる。いい質問やねーそう言われれば確かに気になるなただ、給料下げろ!って根拠なく文句言いたい人だろうからこの質問の回答で、具体的にアンサーしてこないとは思うけど。個人事業主だと年収って言うには経費を引いた申告所得額ですか?それならば1,000万円程度で十分だと思います。それはここではなく、その人たちに聞かなければわかりません