自殺の予防 経済的破滅によって自殺することになるのは自分

自殺の予防 経済的破滅によって自殺することになるのは自分。生物は絶滅の危機を常に背負っている。自粛しても困らないのは年金生活者と既得権益者だけ コロナを怖がって社会の破壊に手を貸して結局自分の首を絞めている 経済的破滅によって自殺することになるのは自分かもしれないと思わないの 自殺の予防。毎年。より多くの国民が。殺人で他者に殺されるより。自分の手で命を断ってい
ます。また自殺を図ったものの。一命をとりとめたという場合には。周囲に。
いつその個人を失うかしれないという恐れを与え続けます。精神病とりわけ
鬱病と薬物乱用が割以上の自殺例と関連している一方で。社会的。経済的。
精神的。文化的等の様々な要因自殺の事を話す事で。自殺を助長する事になる
?スイスで安楽死の権利を得た日本人が思うこと。重い神経性疾患を持つ代後半の日本人女性が。スイスの自殺ほう助機関で自死
する許可を得た。の対象外で。月万円の障害年金だけでは。年を重ねていく
両親に余計な経済的負担を押し付けてしまうかもしれない。終末期なら緩和
ケアという選択肢があるが。自分のような患者にはそれがない。たのは。
スイスの自殺ほう助に対し間違った認識が広がり。それが正しい議論の妨げに
なるのではないか。ということだ。自殺ほう助団体によって条件や手続きは
若干異なる。

生物は絶滅の危機を常に背負っている。だからこそエラーを許し、リスクを緩和している。社会も同じはず。今回のような通勤概念が崩壊するリスクを考えていない方が駄目。当然、考えいた企業は生き残る。生き残って次の世代に繋げる。別に中の人間が大幅に減っている訳じゃない。人間がいれば生きる為に仕事はある。何もかもが破壊される訳じゃない。自粛しないで感染爆発しても経済的破滅がやって来るけどね。